容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

逆援助完全無料サイト紹介者の官能小説 【未亡人のエロス?】

  1. 2010/08/08(日) 14:05:34|
  2. 逆援助完全無料サイト紹介の毎日|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
次に奥さんは、和式トイレに座るようにつま先立ちで私を跨ぎ、

ペニスをアソコに突き刺し、少し腰を浮かせた。

そして、俺のペニスの亀頭から...奥まで、ゆっくりとピストン運動を始める...。

 [ニュルッ...ジュル...]

「ぅあ、奥さんっ...」

 余りの快感に、俺も腰を少しだけ浮かし、奥さんのアソコを求めるようになった。

 「あんっ、良太さん...もっと...ついて...んっっ」

 俺が腰を入れるたびに、奥さんが大きく反応する。

 大きな胸が...前後から上下に揺れを変え...。

下から見る胸は...また俺を興奮させた。

 俺は、自分の立場を忘れ...感じる奥さんを下から、何度何度も突き上げた...。

 

 ...もう、止まらない...。


 俺は、ガバッと起き上がり、奥さんをきつく抱きしめ、腰を強く動かす。

 俺の脚の上で、奥さんが大きな胸をブルンブルン揺らして、弾む...。

 喪服がはだけて、揺れる大きな胸を、俺は強く吸う...。

 「あっ、あんっ...」

 「はぁはぁ...奥さん...」

 そのまま、奥さんを抱えて寝かせ、俺が上に乗った。

 そして、また激しく腰を動かす...。

 「あんっ、アッ...良太さ...んっ...」

 俺が、ペニスを突く度に、あごをグッと天井に向け、奥さんがあえぐ...。

 そして、寝たことによって、少しつぶれて見える奥さんの胸も、俺の腰つきに合わせて、ブルブルと揺れている...。

 俺も、奥さんの足を組み替え、いろいろな体位で責める...。

 その度に、奥さんは大きな...色っぽい声を上げる...。

 そして、たまに目を薄く開け、潤んだ瞳で俺をみつめる...。

 俺は、中途半端に脱がされていた服を脱ぎ捨て、奥さんの喪服も出来るだけ、剥いだ。

 「奥さん...」

 俺は、いとおしく思い、必死になって腰を動かす...。

 その度に、俺のペニスに刺激が走り、また頭が真っ白になるような快感が押し寄せてくる...。

 

そして、何度も突いているうちに、奥さんのアソコがギュウッと締まってきた。

 「あっ、良太さん...わ・わたし...」

 奥さんの体が、仰け反ってくる...。

 奥さんの絶頂か近い様子...。

 それを見、しかも、序々に締め付けてくる奥さんのアソコに...俺も、いきそうになっていた。

 「あぁ...奥さんっ...また...出そうです...」

 俺は、...必死に言葉を出した。

 「...わ・わたし...もう...だめぇ...」

 (俺も、ダメだっ...)

 俺の腰使いが激しくなると共に、アソコからはズチャズチャと、凄い音が響いてくる...。

 「あっ、だめです...ぅあっ...だめ...で・でちゃいます...奥さんっ...あっっっ」

 「...良太さん...あっ、あっ...」

 奥さんが、大きく仰け反った。そしてビクビクと体が反応している...。

 ついに...俺は...

「ああっっっ...うっ...」

 [ドビュッ...ビュッ...]

 「うぅ...」

 俺のペニスがドクドクト音をたてて、奥さんのお腹に精液を大量に出す...。

 俺のペニスと振動と同時に、奥さんもビクビク、体が揺れる...。

 ...奥さんもどうやら、いった様子...

 「はぁはぁ...奥さんっ、ごめんなさい...俺...」

 俺は、息を切らしながら、必死で謝ろうとする。

 「あっ...んっ...」

 ...奥さんは、まだ余韻に浸っているようだ。

 しばらく俺も...奥さんの上で、余韻を楽しんだ。

逆援助完全無料サイト紹介者の官能小説 【未亡人のエロス?】

  1. 2010/08/07(土) 12:01:47|
  2. 逆援助完全無料サイト紹介の毎日|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
「奥さん...駄目ですよ...」


 (俺、このままじゃ...)

 奥さんは、俺の言葉を無視するかのように、ベルトから手をどけようとせず、むしろどんどん脱がせようと、手の動作をすすめる...。

 [ジィ...]

 奥さんは、俺のズボンのファスナーをゆっくり下まで開け、俺のパンツを上からめくってきた。

 「ごめんなさい...良太さん...」

 俺のペニスが、外の空気と触れ、温度を感じる。

 ...そして次の瞬間。

 [チュルッ...]

 「ぅ...お・奥さん...」

 奥さんの口が、俺のペニスをほおばった...。

 [チュッ...チュパッ...]

 奥さんが、ゆっくりゆっくり俺のペニスを、口でピストン運動する。

 俺のペニスは、自分でも明らかに解る、早いペースで勃起をしていく...。

 舌で、棒のところをチロチロと上下したり...。

 手で、下のほうを擦りながら、亀頭部分を舌で転がしたり...

 ...奥さんの頭が、上下に激しく揺れている...。

 そして、フェラチオをしながら、俺のズボンを、もっと脱がそうと、両手でぐいぐいと、ズボンを持ち、下に下げてくる。

 俺は、うかつにも少しだけ腰を浮かせてしまった。

 ...気持ちがよすぎて...

 ...俺のペニスは天井に向かって、そそり立ち、ドクンドクンと動いていた。

 それを奥さんが、ほおばり...。

 ほおばりながら、奥さんも、自分の喪服を上から、はいでいる...。

 肩を出し...ブラジャーの紐を肩からほどき、すごく大きな胸が揺れる...。

 その大きな胸を自分で揉みながら、俺のペニスをほおばっている...。

 「んっ...ぅンッ」

 ...奥さんの小さな声が、静かな部屋に響く...。

 自分の乳首をコリコリッとするたびに、声を響かせている。


 それが何分か続き...。気が遠くなりそうになった時...。

 [クチュックチャッッッ]

 俺のペニスからではない音が、聞こえてきた。

 「ンンンッッッ」

 奥さんの声も、序々に大きくなる...。

 俺が下を見ると、今度は、奥さんが自分で、アソコに手をやり、イヤらしい音をたて、自慰していた。

 上半身、喪服を脱ぎ、腰の帯のところで止まっているが、それから下もはだけ、綺麗な白い太ももとお尻が見え隠れしている...。

 43歳の綺麗な体が...俺を興奮の渦へと誘う...。


...しばらくして、奥さんが、俺のペニスから離れた...。

 「良太...さん...」

 俺の名前を静かに呼ぶと、俺に背を向け、またフェラチオを始めた。

 ...そして、ゆっくりと俺の顔を、足で跨ぐ...。

 俺の口元に、奥さんのアソコを押し当ててきた...。

 「ンンッ」

 苦しいほどに、グイグイと押し当て、大胆に腰を動かしてくる。

 奥さんのアソコのイヤらしい匂いと...たくさんの汁にまみれ、俺はとうとう舌で愛撫をしてしまう。

 [チュルックチャッ...]

 俺の舌の動きで、奥さんのアソコからは、イヤらしい音がどんどんと出てくる...。

 「あんっ、んっ...」

 俺の舌の動きと同時に、奥さんの声が響き、フェラチオの動きが弱まったり、強まったり...。不規則になる。

 俺は、夢中で...いくら吸っても、溢れ出てくる汁を、舌でチロチロと止め、ずっと吸い続けた...。

 その度に、奥さんは声を上げ、腰を動かし、強くアソコを俺の顔に押し当ててくる...。

 奥さんのフェラチオの舌使いと、アソコを押し当てられている興奮が押し寄せ...。俺の理性は崩れていく...。

 気が遠くなり...俺のペニスの先が、徐々に膨らみ...。強く鼓動を打つ...。

 (だめだ...出そう...)

 「うっ...」

 俺は、少し仰け反り、腰を浮かせた。

 「お・...奥...さ...んっ...」

 ...

 俺は、そのまま奥さんの口の中に発射してしまった。

 「はぁはぁはぁ...」

 俺は、たまらななり、大きな息遣いがもれてしまう。

 ペニスは、ドクンドクンと、ビクビク揺れている...。

 俺の体も、息遣いで胸が震える...。

 そして、奥さんは...俺から離れ、俺の体を跨ぐ...。

 「今度は...私の中で...出してください...」

 そう言うと、まだビクビクしているペニスを片手で持ち、自分のアソコに押し当ててきた。

 [クチュッ...]

 「あっ、奥さん...本当に...だ・だめですよ...」

 [グッ...グチュッ...]

 「ぅう...」

 俺は...犯されてしまった。

 しかも、イった後だったので、ペニスがビクビクして、力がぬける...。

 そして、イったばかりというのに俺のペニスは、奥さんのアソコの中で、どんどん膨らんでしまう。

 「あんっ、良太さん...んんっ」

 [グチャッ、ズチャッ...]

 イヤらしい音を立てて、奥さんは夢中で俺のペニスを持て遊ぶ...。

 思いっきり締めて、上下に揺れたり、前後に腰を動かしたり...。

 その度に、大きい胸がユサユサと、俺の目の前を前後する...。

 「あっ、あんっ、ああああ〜...」

 大きな声を上げて、奥さんは何回も腰を振る...。

逆援助完全無料サイト紹介者の官能小説 【未亡人のエロス?】

  1. 2010/08/06(金) 12:41:10|
  2. 逆援助完全無料サイト紹介の毎日|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
部長は、2年前に交通事故で、帰らぬ人となった。

45歳という若さで、この世を去った...。

人間的にも良い人で、人望が厚く、部下にも慕われていた。そして、俺も慕っていたのだ。

何故、良い人がこの世からいなくなるのだろうか...。こんなステキな奥さんを残して...。

部長の奥さんは、43歳...。

彼が人柄がよかったので、もちろんそれに付いて行く奥さんも良い人で、大人しい性格だが、人当たりは良く、俺も度々、夕ご飯に招待してくれたり、飲みにも3人で行っていた仲だった。

もう、あの日から3年が経つが...。

いきなり...奥さんが、俺の胸に飛び込んできた。

やはり、忘れられないのだろう...。寂しいのだろう...。

何分間...このままだろうか...。

部長には申し訳ないが、俺は喪服姿の奥さんを抱きしめ返し、きつく抱いている。

俺は34歳で、彼女とは、随分年上だが、本当に綺麗でステキな人だ。

近くで見れば見るほど、魅力的に見える...。

...目をつぶって、俺の胸に顔をうずめている...。


ふと...奥さんが顔を上げる...。

「大丈夫ですか?」

俺が、小さく話しかける。

「良太さん。寂しい...。」

奥さんが、もう一度俺の胸に顔をうずめる...。

「俺に出来ることがあれば、いつでも言ってください。」

俺は、本当に心の底からそう思っているんだ。...力になりたい。

「ねぇ、私を抱いて...」


「えっ?!」

俺は、正直びっくりした。

 「奥さん?」

 俺は、聞き返す...。

 「お願いっ、良太さんっ。」

 [ガタッ]

 ...。

 俺は、先輩の仏壇の前で、奥さんに優しく...押し倒された。

 奥さんの顔が近づいてくる...。

 (あっ...)

 ...。

 [チュッ...]

 キス...されてしてしまった...。

 抵抗すればできるものを...。俺は...。

 [チュッ、クチュッ...]

 奥さんの舌が...俺の口の中を自由に動き回る...。

 ...力が抜けていく...キモチイイ...部長...すいません...。


 しばらくして、奥さんが俺の唇から離れ...あご...首筋にキスをする。

 俺のワイシャツのボタンをゆっくりと上から外し、唇で愛撫をしてくる。

 「ぅう...」

 体が痺れ...俺もついつい、小さな声がもれる。


 ...奥さんの愛撫が...とうとう俺のお腹に...。

 奥さんの手が、俺のズボンのベルトに手をかける...。

 [カチャッカチャッ...]

 俺は、たまらなくなり、少し抵抗した。

逆援助完全無料サイト紹介者の官能小説 【アルバイト面接?】

  1. 2010/08/05(木) 12:47:01|
  2. 逆援助完全無料サイト紹介の毎日|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
オタクはさらに小さくキュッと締まっている美香のおしりの穴に


人指し指を侵入させてくる。

菊門は恥汁でぐちょぐちょに濡れてローションの役割を
担っていたので、
ニュルッっと図太いオタクの指を受け入れた。


(!?な なに)


今まで責められたこともなかった部分をいきなり責め立てられて
美香は少しパニックになる。

そんな美香の動揺を見透かしたように、オタクは指を上下に
動かし美香を責めてゆく・・。


「あううう・・・どうしたの、私・・もう・・・変になる・・
 どうしよう・・・あああ、・・あぁ駄目、

そんな・・・ハァン・・・いいの。

いい・・・あっ、ああんっ いいっ 

あん あ あ あ い イクぅ・・・」


面接前は貞淑でまじめそうだった人妻 美香の面影もなかった。


今はただ、男達の欲望の前にひれ伏したただの雌犬にすぎず、
淫らな割れ目をヒクつかせて、これから何度となく

味わされることになるであろう
官能の絶頂の余韻に浸っていた・・・・。


/////////

「美香さん、採用です」

ああ、来週からこの甘美なアルバイト生活がはじまってしまう

(おわり)

どうでしたか?私は個人的に官能小説が大好きで、興味がある人との出会いを求めています。私と同じように官能小説に興味のある方は、逆援助完全無料サイト紹介者までご連絡宜しくお願いします。

逆援助完全無料サイト紹介者の官能小説 【アルバイト面接?】

  1. 2010/08/04(水) 11:58:41|
  2. 逆援助完全無料サイト紹介の毎日|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
「奥さんのオマ×コ、実にスケベっぽいねえ」



「い いわないでっ」


美香は身を反らせて呻くように言った。

その瞳は淫らな潤みを帯びながらも、なお貞淑な妻としての凛然とした強い力を感じさせた。

しかし、淫部が自分の意志とは関係なく、火照り、官能の出口を探し続けていた。

美香は頬をピンク色に染めて激しく首を振って今の自分を忘れようとした。


尚も、ローターで淫肉をいたぶれていたが、その淫らに振動が肉芽に触れたときだった。

陥落は突然やってきた


ビクっと体を痙攣させると美香は縛られてたソファの上でエビ反り上体になって、
淫部を突き出してさらに、ローターを肉芽へ押しつける格好になった。


「どうだ? 旦那とのセックスよりいいだろ。身体が勝手に感じてるだろ」


「あぁぁ・・・・き・・気持ちいい・・・・・・気持ちいいです・・・。」


喘いで半開きに空いた口端から涎を光らせ、

身体を時々、ビクッと痙攣させながら、美香は本当の気持ちを吐露した。


「もっと気持ちよくなりたいだろ」

「は・・はい・・・もっと気持ち・・よくさせて・・ください」


それを聞くと、隆はおもむろにチューブからクリームを人指し指にたっぷりつけると


美香の開脚状態で丸出しの淫部にそっと触れる。

ビクっ

「はぁあぅん」


美香の身体に電気が走ったように跳ね上がる。

そんな美香の姿を気にすることもなく隆はクリームを割れ目塗りたくった。


(熱い・・。アソコがさらに熱くて疼いてくる・・・)


ぐいっとシャツを捲くりあげられ、白のブラジャーをずらし、
右の乳房をオタクが、左の乳房をヒゲ面男が舐め捲くってくる。


「はあん・・・はぁん・・」


悩ましげにもぞもぞと腰をくねらせて、
美香は思わず甘い喘ぎ声を漏らしてしまう。


(き 気持ちいい・・。)


ピンクの割れ目から滲みだした恥汁はソファをベトベトに濡らしていた。


「よくも恥ずかしげもなく、マン汁を垂らしやがって。このスケベ女が!」


罵声を浴びせながら、オタクは舌と唇を同時に動かし、卑猥な音をたてて美香の乳房に吸い付く。

さらに、今度は、隆の手にした2つのローターが肉芽と割れ目を同時に責め立てる。


「あぅん・・あぁぁん・・・・・」


隆のローターは割れ目の縦の線に沿ってゆっくりと上下に動き、

もうひとつのローターで肉芽をチョンチョンと軽く叩いて美香へ強い刺激を与えていた。


その巧みな動きは、着実に美香を絶頂へと追いやろうとしていた。


美香の割れ目は熱く火照り、ヌラヌラと光り、

まるで何かを咥え込もうとするようにヒクつかせていた。


やがて、ゆっくりと割れ目を撫でていた隆のローターの動きが早くなり、

それに合わせて美香の喘ぎ声が早くなってくる・・・・。


「あぁっ あぁっ あぁっ あぁっ・・・・・・」


そして、肉芽に刺激を与えていたローターをぐいぐいっと押し付ける・・・。
それに呼応して、乳房を刺激していた二人が乳首を軽く噛む・・・・・。

DTIブログって?

次のページ