容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

逆援助完全無料サイト紹介者の官能小説 【下着の中の秘密?】

  1. 2010/09/30(木) 16:28:24|
  2. 逆援助完全無料サイト紹介の毎日|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
「……」
わたしは、急に自信たっぷりになった小林の変貌ぶりに驚くだけだった。
「おまえは、男にいたぶられるのが、好きなんだよ」
「何言っているの」
「じゃ、これはなんだ」
そう言って、スーツのポケットからパンティーをだして広げて、両手を二人の男に後ろからつかまれたまま動けない私の鼻先に突きつけてきた。
パンティーはじっとり濡れてシミのついた状態だった。
「専務から聞いたぞ。ホテルに行ったんだろう。でも普通のセックスではちっとも濡れなかったそうじゃないか。それのに、さっきのレストランで、俺に触られてこんなに濡らしやがって」
小林にひどい言葉を浴びせられれば、浴びせられるほど、体の芯がじんとしてくるのがわかった。
「本当は、複数でやってみたいんだろ。ドスケベだから、普通じゃ満足できないんだろ」
私の頭の中で、複数の男と同時にセックスする図がプリンターから次々とあふれ出る幾枚ものの写真のように噴出した。
その異常な姿を想像すると、また、自分が股を濡らしてしまったのがわかった。
隣に座っているサラリーマンに小林が命じた。
「この奥さんの服を脱がせてやってください」
隣の男は喜んでブラウスのボタンを外し始めた。
「やめて」
「いいよ。やめても。そのかわり、おまえがマゾだということをおまえの夫に教えて、目を覚まさせてやるからな」
夫という言葉で不覚にもびくっと体を震わせてしまった。
夫に恥ずかしいことをバラされる。なぜかそのことが強烈な刺激になり私の体の奥をジンとしびれさせたのだ。
たぶん、このスケベジジイの言うとおり、私はマゾなのだろう。
恥ずかしいことを知られるのを恐れてかえって深みにはまってしまい、やがて恥ずかしいことを知られるかも知れないと考えただけで興奮してしまう性分。こんな私を夫が理解できるはずもない。
「夫には言わないで」
「じゃあ、今夜は、複数で試してみるか」
そのころには、飲まされたおかしなカクテルのせいか、私の意識は朦朧としていた。何だか、もう抵抗しなくてもいいかと思うようになっていた。自分がマゾと言う呪われた体質ならそれをためしてもいいかと言う気持ちになっていた。
「……いいわ」
「縛らせてもらうよ」
「わかったわ。そのかわり……」
「何だ?」
「体に傷をつけないで。それと……」
「それと?」
「中出しだけはしないで」

その夜の記憶は、飛び飛びにしか残っていない。
壁の十字架に縛られ、4人の男たちから触られたり舐められたり、指を入れられたり、ペニスを突っ込まれたりした。
いつの間にか、店の店員も参加し、口移しで例のおかしなカクテルをまた飲まされた。
私の意識は遠くなり、気がつくと十字架から外されて、床のマットの上で四つん這いになって、知らない男たちのペニスを左右の手で握り、仁王立ちした男を口で咥えていた。
誰が誰だか、もう判らなかった。
後ろから、巨大なペニスが私の中に入ってきて、膣を乱暴に貫き、子宮を突いた。
誰かが大声を上げていた。
「いあああ、もう、許して」
誰の声かと思ったら私の声だった。
膣の奥で射精されてしまった。
子宮に精液があたると思ったとき、谷底に落ちるような感覚を覚えた。
「いいわ。いいわ。いい。もうだめ。いっちゃう」
叫んでいるのは確かに私だった。
私は夢中で腰を振っていたようだった。
谷底に落ちて、いったん私は静かになった。
小林の声がどこからか聞こえた。
「わかるか。おまえはエクスタシーを迎えたんだ」
力が抜けて小さくなったペニスが、私の中から抜けて行った。
私を深い満足感のようなものが包み私の力も抜けて行った。
と思ったとき、崩れ落ちそうになる私の腰を新しい荒々しい手がつかみ、固く勃起した新しいペニスを私のどろどろになった膣の中に突っ込んできた。消えそうに見えた私の火は、新しい男の登場で再び掻き立てられてしまった。
「またああ」
私は、再び声をあげて泣いていた。しかしそれは痛さで泣いていたのか、快感で泣いていたのか自分でもわからなかった。
「ああああ。中で精液をミックスしちゃうのお」
気が遠くなりかけた私の耳に誰かが携帯で電話しているのが聞こえた。
「男が足らないんだ。すぐ来いよ。女はひとりだけどさ、すごいドスケベでさ、人妻だから安全だし、中出しできるし……」
疲労はもう限界を超えていたが、これから何人ものペニスを勃起させた知らない男たちがやってくるのだと思うと、私の股間からは新たな体液が漏れ出すのだった。

逆援助完全無料サイト紹介者の官能小説 【下着の中の秘密?】

  1. 2010/09/29(水) 12:41:57|
  2. 逆援助完全無料サイト紹介の毎日|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
会食のフランス料理屋からでると、急な仕事を理由に、専務は夫を連れて、会社に戻っていった。
小林は私を送ると言って、タクシーに乗せた。
「きょうは、いいおみやげをもらってどうもありがとう」
「……ちゃんと、捨ててください」
30代の運転手が、奇妙な会話の成り行きに耳をそばだてるのがわかった。
「そんなもったいないことはしませんよ。鈴木君あてにお返ししますよ。でも、彼すぐに自分の奥さんのものかわかるかな」
運転手はけげんな眼でバックミラーから私の顔を見た。
小林が突然行き先を言い放った。
「運転手さん。六本木」
「困ります」
「いいじゃないですか。バーに一軒だけ付き合ってください。その後はあなた一人をタクシーに乗せてお返しするから。約束します」

連れて行かれた先は、たしかにバーだったが、普通のバーとはまるで雰囲気が違った。
大きさは、小学校の教室くらいで、照明は極度に暗い。
入り口のドアは二重になっていた。
店の中は話し声もなく静かだった。
ビル・エバンスらしきピアノのCDだけが流れていた。
数人座れるカウンターがあるのはいいが、異常なのは、普通はテーブル席があるべき場所に厚さが20センチほどもある赤いビニールの2畳ほどのマットだ。
壁にはインテリアのつもりか、X字型の十字架のようなものがあり、よく見ると、手と足を皮ベルトで固定できるようになっていた。
先客は男ばかりが3人がカウンターに座っていた。
私は小林と若いサラリーマン風の男の間の席に案内された。

「ハプニングバーという場所ですよ。初めてですか」
「ハプニングバー?」
「予想できないハプニングが起こるかもしれない場所です」
「どんな?」
「それは、そのときの客次第ですね。私にも何が起こるのかわからない」

バーの店員らしき若い男は私の前に見たこともないカクテルを置いた。
小林の前にはバドワイザーの壜とグラスとナッツの皿を出し、奥の小さな部屋にさっさと消えてしまった。
横を見ると、客の男たちは、皆年齢も服装もばらばらだった。
一言もしゃべらなかったので、互いに知り合いではないらしい。
私が彼らを見るとあわてて視線をそらせたが、最初から私たちのことをじっと観察しているのは明らかだった。
小林は、私にしつこくカクテルをすすめ、私が飲まなければ帰らないと言った。
しかたなく、グラスを干した。
甘いリキュールだったが、酒だけではないような変な味が混ざっていた。
小林もビールのグラスを干し、私はしかたなく空になったグラスにビールを足した。
その手を小林にいきなりつかまれた。
「何するのですか」
「それはこっちが聞きたいね」
「え?」
「あなたは何の遊びがいいの?この人たちも入れて」
小林のその言葉を待っていたように、隣のサラリーマンが私のスカートに手をのばしてきた。
「きゃ。何?」
「ここはね。知らない者同士が集まるところなんだよ。お互いどこの誰ともわからないから、羽目をはずしても、その場かぎりでね。せっかくだから奥さんもしてみたいことを楽しんだら」
小林が話しているうちに、他の男たち二人も、私の後ろに立って、私の腕や背中を触ってきた。その立っている二人に小林が指示をだした。
「ちょっと、奥さんの手を押さえていてください」
「いやっ、何するの」
「検査ですよ」
小林は、私のスカートに手を入れて、露出していた陰毛を探った。
「やっぱり。すごく濡らしているね」
悔しいが、それは、たぶん、本当だった。
「奥さん。あなた、いや、おまえは、マゾなんだよ」

逆援助完全無料サイト紹介者の官能小説 【下着の中の秘密?】

  1. 2010/09/28(火) 12:07:57|
  2. 逆援助完全無料サイト紹介の毎日|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
一度きりという約束だったが、専務のやりかたは卑劣で老獪だった。
夫がまとめた契約の慰労会と言う名目で、取引先の小林商会という会社が私も食事に招待してくれた。
呼ばれたフランス料理店に行くと夫の上司として専務も来ていた。
専務と夫が並んで座り、取引先の社長の小林の横に私が座らされた。
専務が夫の気をひいている隙に、小林の手が私の膝に伸びてきた。
すべては専務の策略かと思ったときはもう遅かった。
さすがに、席を立って帰るわけには、今更、いかなかった。
私は、夫に気付かれないように、表情を変えずに、小林のいやらしい指の感触を我慢した。
専務が夫に会社への電話を命じて、夫を廊下に出した。
3人になると早速、紳士づらをして高級スーツを着た二人のすけべな中年が打ち合わせをはじめた。

「小林社長、もう奥さんのパンティの中はびしょびしょでしょ」
「いや、このご婦人は股を開いてくれないのですよ」
「それはいけませんね。奥さん。どうせ濡れているのはわかっていますよ」
「……」
「濡れたパンティーでは気持ち悪いでしょ。脱いじゃったらどうですか」
「それはいい。そうしたら、今日の記念に私にくれませんか」
「……困ります」
「大丈夫、社長。鈴木君に言えば奥さんに頼んでくれますよ」

夫に知られたくないという私の弱みを突く卑劣な脅しだった。
屈辱感と怒りで頬が赤くなった。
しかし、私の口からでたのは

「トイレに行かせて」

と言う言葉だけだった。

「ま、しかたがないか。ここで脱ぐのは目立ちすぎますからね。そのかわり、速くしてください。鈴木君より早く戻ってきて社長にパンティを渡してくださいね」

トイレの個室で惨めな気分で、下着をぬぐと、予感通り、ひどく濡れてしまっていた。
まるでおしっこを漏らしたような異常ともいえる愛液のあふれかただった。
男の獲物として狙われると、恐怖でアドレナリンを分泌するように、愛液を分泌してしまう癖が私にはあるようだった。
ノーマルなセックスでは、全く濡れないのに、認めたくないが、男におもちゃにされると、興奮してしまう性癖のようだった。


席に戻ると、有無を言わさず、小林にパンティーを奪われてしまった。
パンティーは手のひらの熱で乾かそうとしたが、まだ湿っていた。どうせこれをネタに下品なからかいを受けるだろう。
それとも、後日に脅迫の材料として使われてしまうのか。
電話から戻った夫は、私のほうを見ようともせず、忠実な部下の顔で専務に何かを報告し始めた。
夫の姿はさもしい犬のようだと思った。

逆援助完全無料サイト紹介者の官能小説 【下着の中の秘密?】

  1. 2010/09/27(月) 11:04:57|
  2. 逆援助完全無料サイト紹介の毎日|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
専務がうちに泊まりにきて私が夫に内緒で専務の精液を飲んであげたことで、その後の運命が変わったと言ってもいいだろう。 早速、翌日の昼に家の電話が鳴った。

「奥さん。昨晩はありがとうございました」
「……専務さん。電話は困ります」
「私ね。これからは、鈴木君を飲みに連れまわすのを、控えるようにしますよ。鈴木君も夜はあなたのような若い奥さんのもとへ早く帰りたいでしょうからね。私も飲みすぎて、鈴木君に、よけいことを口走ったりしてもいかんしね」

「……そんな。私、何も覚えていないんです」
「そうですか。じゃあ、昨晩のお返しに、食事をご馳走させてもらえませんか」
「えっ……夫も一緒にですか」
「あなたは、鈴木君が一緒のほうがいいの?」
「……いいえ。そう言うわけでは……」

専務は、夫に遅くまでかかる残業を命じて、その間に、私とホテルのレストランで会った。
ホテルの部屋の鍵がテーブルの上に置いてあった。

「奥さん。鈴木君はよくやってくれていますよ。来年は昇進を考えています」
「本当ですか」
「……本当ですよ。昨夜、おたくにうかがって印象がよかったのでね」

専務は私の顔ではなく、胸元を見ながら話していた。

「どうですか、部屋でゆっくり話しませんか」
「……」

いつまでも黙っている私に、専務の言葉は露骨になった。

「奥さん。昨夜あんたぐちょぐちょに濡らしていたじゃない」
「……」
「また泊まりに行って、今度はおまんこの中に出させてもらますよ」
「そんな」
「処女で結婚したんでしょ。鈴木君が酒に酔って自慢していましたよ。あのくそ真面目な鈴木君としかやってないんでしょう。ならば、変な病気の心配もないから生で中出ししてもこっちはぜんぜんかまわないし。妊娠しても鈴木君の子としか思われませんよ。だって毎晩のようにしているんでしょ」 夫の口の軽さと専務の卑劣なやり口への怒りがこみ上げた。

「言うこと聞いてくれれば、きちんとスキンをつけますよ」

断れば、昨夜のことを夫にしゃべるかもしれない。
そう思うと、最後には

「……これきりにしてくださいね」

とだけ言って、専務の脅迫に屈してしまった。


専務とのセックスはしかし最悪だった。
私の体を全て舐めてくれるサービスをしてくれたが、私にはただ不快なだけだった。

「濡れてこないな」

専務は不満を漏らした。
弟の自慰を手伝ったあとは、あんなに濡れていたのに、今は、私のあそこは乾いたままだった。
私の股間に顔を埋めて専務が舌で奉仕してくれても、私の中に快感は湧いてこなかった。
専務は私の性器を指で愛撫しながら、強引に舌をからめてのキスしてきたが、私の家で夫がトイレに行っている隙にキスされたときの、体に電気が走るような感覚は起きなかった。
専務は自分でペニスをこすって勃起させ、私の性器に挿入しようとしたが、スキンをつけて違和感を増した半立ちの中年の頼りない男性器を私の体はどうしても受け入れることが出来なかった。
最後は疲労と不快感が専務の表情に表れはじめた。

「奥さん、口でしてくれないか」

最後には、スキンを外しながら、湿った半立ちのペニスを私の口に押し付けてきた。
気分を害した中年男をフェラチオで射精させるのには膨大な時間がかかった。
ついに、専務は射精するために自分でこすり始め、半立ちのまま、私の口の中で射精した。
精液は苦いだけだった。

逆援助完全無料サイト紹介者の官能小説 【下着の中の秘密?】

  1. 2010/09/26(日) 11:59:14|
  2. 逆援助完全無料サイト紹介の毎日|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
時間が経つうちに、現実的な心配がだんだんと頭を占めはじめた。
このまま射精されたら、専務のパンツは誰が洗うのか。
明日は会社なので、夫と一緒にそのまま出勤して、コンビニで新しいパンツを買うのだろうか。でも、新品のパンツを穿いて帰って専務の奥さんはどう思うだろう。
私のそんな考えを読み取ったように、専務は私の肩に手を置き、ゆっくりと私の体を自分のほうに向けて、ひたすら寝たフリをしている私の体を布団の中に沈め、勃起したペニスをパジャマの外に取り出して私の顔の頬のあたりに、こすりつけ出した。
顔にかけようとしているのだろうか。
そうだとすれば困る。顔は洗えば夫に知られないだろうが、布団の中で射精されたら跡が残って困る。
専務の手が私の顔に延びてきて、指で唇を開かせた。
専務が何を望んでいるのかは、弟の相手をしてあげた経験上良くわかっていた。
とっさに家の布団を汚されるより私の口で受け止めるほうがいいと判断した。
寝ぼけて夫と間違えているふりをしながら口を開いた。
「あなた、むにゃむにゃ」
専務は自分でしごきながら、口の中にペニスを突っ込んできた。
実は夫にはフェラチオもしたことがなかった。夫が望まなかったのだ。
口内射精は弟で何回か経験していた。弟の精液は飲んであげていたが、専務のは口の中にためて洗面所で吐き出せばいい。
しかし、弟とは違い、この人はなかなか発射しなかった。
むしろ、専務の50歳代という年齢のせいか、口に入れてあげたのに、だんだん勃起が弱くなってきたように思えた。
だんだん、私はあごが痛くなってくる。
そして気になるのは夫のいびきが先ほどから静かになってきている。
覚悟を決めた。夫にこの状態が見つかるよりは、はやく発射してもらうほうがまだましだ。
口をつぼめて、ペニスを思い切り吸ってあげた。
指で、会陰部と睾丸をなでる。
弟と試して体得した必殺技だった。
もう一方の手で専務のアナルのまわりも撫でてあげた。
口のなかでようやく専務の半立ちのペニスに力がよみがえってきた。
専務は、いきなり私の頭をかき寄せ腰を振った。
数回の摩擦で専務はあっけなく私の喉で射精した。
ぐ、ぐ
声は堪えたが、やはり苦しくて涙がでた。
専務は深い溜め息をつくと、脱力しきった声を潜めて
「ありがとう」
とささやき、隣室へ戻って行った。
しかし、これで、終わったわけではなかった。
むしろ、このことからいろいろなことが始まってしまった。




DTIブログって?

次のページ