容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

逆援助完全無料サイト紹介者の官能小説 【下着の中の秘密?】

  1. 2010/09/25(土) 11:54:10|
  2. 逆援助完全無料サイト紹介の毎日|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
結局、私は、高卒後少しOLをして、親が決めた相手と20歳で結婚した。
処女での結婚だった。
相手は、鈴木という真面目だけが取柄のサラリーマンだ。
夫との初夜が、私には初めてのCだったが、弟で訓練してBを指でするのは上手なんて言えないから、ウブなふりをした。
夫もセックスは経験があまりなかった。
弟の自慰ですら、クライマックスまでに、いろいろな変化をつけて楽しんだのに、夫は前戯で快感を高めることもしなかった。
申し訳程度のキス。そのうちそれさえしてもらえなくなって、横になるなりのしかかられて無理に挿入され、すぐに射精された。

私の体は少しも濡れず、女を喜ばせることに怠惰な夫を憎んだ。
はっきり言えば、弟と秘密の遊びをしていた頃のほうがマシだった。
弟のペニスをさすってあげたあと、カーテンを閉めて自分のベッドに潜りこむと、私の股間は必ず濡れていた。弟に気付かれないようにそこを指で撫でると、体中の毛が逆立つような快感が走ったものだった。

そんな新婚ブルーとでもいう状況で、夫の上司の専務が家に遊びにきた。

専務がなぜ、うちに遊びに来たのかは判らない。
今になって思えば、鈴木が文句も言えない性格であるのを見越して、最初から、私たち夫婦を軽く見ていたのだろう。
その専務自身も、夫と同じような中肉中背の特徴のない外観で、話が面白いわけでもなく、およそ女にもてるようなタイプでは無かった。
ただ、専務の心臓には毛が生えていた。
夕食が終わる頃、食卓の下で、夫の隙を見て、いきなり私の手を握ってきたのだ。
このとき乱暴に振り払うこともできた。
声を出して、専務に恥をかかせてやってもよかった。
でも、騒ぎを起こすことで夫と専務、夫と私の間で発生するであろう面倒を考えると、うんざりした。好きになれない夫への反発もあった。
専務がスケベな眼で私を見ていたことにも気付かない夫が悪いと、自分に言い訳して、中年の油ぎった手をそのまま気付かぬフリをした。
夫がトイレに行った隙に専務は私にいきなりキスをしてきた。
驚いて抵抗もできなかった。
専務は私がじっとしているのをいいことに、舌を入れてきた。
はじめて経験するフレンチキス。
相手が誰でも、気持ちがいいものだと知った。
中年の専務の顔を見たくなくて眼をつむった。
気付くと、胸を揉まれていた。夫よりも、タッチがソフトだった。
気持ちがいいので、眼をつむったまま、身を任せていると、今度は、パンティの中に指を入れてきた。
「濡れている」
専務にそう言われて、生の指の腹でクリトリスを触られたとき、背中に電気が走ったような感じがした。

その夜、「泊まって行ってください」という夫の外交辞令を良いことに、専務は本当に我が家に泊まった。
客など泊めたことがない狭い家なので、いつもは開けてある和室の続き部屋のふすまをとじて、隣の部屋をつくりそこに布団を敷いて寝てもらった。
実家で弟とカーテンで仕切った部屋を思い出し、胸騒ぎを覚えた。
夜中に案の定ふすまが開いて専務が忍んできた。
私を奥に寝せることもせず、いびきを掻いて平気で寝ている夫の鈍感さになぜか無性に腹が立った。

専務は、そろそろと這ってきて私の布団に畳に横になったまま手を入れてきた。
私はただ寝息をたてているふりをして仰向けでじっとしていた。
しかし自分でも股間がぐっしょりと濡れているのがわかった。
専務の指がパジャマの上のボタンをゆっくり外し、私の胸をソロソロと優しく撫でる。
声が出そうだった。気持ちが良くて。
その快感に耐え、寝息をたてる。
専務は急がない。しつこく乳頭を指の先で撫で回す。
声を出しそうになったときに、ようやく、しつこい愛撫が止み、指は一寸刻みで臍のほうへ動いていった。
くすぐったい。
ついに、パジャマのズボンのゴムをくぐってしまった。
自分の指でパンティがどのくらい濡れているか確かめたいくらいに、濡れてしまっているのがわかった。
専務の指は性器の入り口を探ろうとしていた。このままでは指を入れられてしまう。
たまらずに、寝返りを打って専務に背中を向けた。薄明かりの中で隣の布団で寝ている夫は、だらしなく腹をだして眠りこけていた。
専務の手はパジャマの中に入ったまま離れず、私の体の回転とともに専務の手で腰を抱かれる形になった。
専務は私の布団に入ってきて、背後から自分の腰を私の臀部に擦り付けてきた。
私が静かにしていることを確かめると、専務は自由な片手で私の手を掴み、自分のパジャマのズボンの中に導きだした。
すでに、アレは固く勃起していた。
専務は私にペニスを持たせてその上から自分の手を添えゆっくりと摩擦を加え始めた。
弟の自慰の手伝いが脳裏に蘇ってきた。
闇の中で心臓の音だけが大きく響く。
専務は我慢がきかない弟とは違って、時間をかけてマッサージの感触を楽しんでいた。

DTIブログって?